PAGETOP

   
喜ばれると、嬉しい
2020年06月02日

その人の為に、自身が動いて、何かしてあげて、喜んでいるのを見たり、【有難う】と言われたりすると、人は、心の中に、嬉しい気持ちが発生します。その喜びは、心をたおやかにし、人に喜んでもらう事の嬉しさ・楽しさが芽生えて育ってゆきます。

それは、プライベートも仕事においても、同じ感情であり、生きてゆく原動力にも繋がってゆくものです。

ですが、やった事に対して、見えるものが何もなかったり、逆に余計なお世話的な事を言われると、

途端に、心は逆方向へ流れてゆく。

あなたの為にやったのよ。助かったはずでしょ。のように。

そのようなシチュエーションになった時、注意が必要です。

イラっとしてり、怒りそうな感情をそっとスライドしましょう。

そして、自身がした事が、お相手にとって、どうだったかを考えましょう。

人により、異なりはしますが、お相手にとっては、違ったのです。別の事を望んでいたか、そっとしてほしかったのかもしれません。

人それぞれ、思考は異なりますから、自身が良かれと思ってした事、言った事、お相手に通じない場合もあります。

只、それを持ち越さないようにしましょう。

余計なお世話よと言われたら、【ごめんね】と一言。そして学習しましょう。

この人と私は、喜ぶ事が少し違うらしいと。今度は、じっくり見て考えてからにしょう。か。関わらずにいた方がよいと感じたら、そうしましょう。

人によって、喜ぶポイントは違うものですから。