PAGETOP

   
【思い込み】って…
2019年05月10日

【思い込みが強い】という表現。良くない意味で感じてしまうのではないでしょうか。

どちらかというと、よろしくない意味で使われる事が多い【思い込み】

ですが、使い方次第で、とても良きものとなります。

たとえば、【私は大丈夫。乗り越えられる。だって私、ついてるから。運がいいから】と思いこんだとします。

同じ状況に自分がたっているとして、そう思い込み、その出来事に挑んでゆくか、
【なんでこんな事になるの?私って本当、運が悪い。ついてない】と後ろ向きな気持ちで挑む。

両者を比べれば、良い思い込みで、挑んだほうが、達成率は、高くなります。

確かに、その思いで挑んだとしても、達成できない事柄もございますし、よろしくない思い込みで、達成できる事も存在しています。

但し、達成しようとして動いている時・達成できなかった時の、心の状態は、かなり開きがあります。

動いている時、良き思い込み→大丈夫だ、出来る。出来る。 よろしくない思い込み→どうせ、うまくいかない…。

達成できなかった時、良き思い込み→精いっぱいやったんだから。ここから、どっちへ向かおう。

よろしくない思い込み→やっぱり、ダメだった。私なんてどうせ…。 となってしまう。

全ての心の動きがそうだとは申しません。只、その傾向が強いと感じます。

同じ動き、同じ結果であっても、自身の心の向き方が、プロセスや結果に、又、結果の後の自身の心、行動に大きな影響を及ぼしてくることは明らかなのです。

プロセス・動き・結果への心の動きは、前向きと後ろ向きにはっきり分かれるのです。

だからこそ、【思い込み】は、良き方向へ、良き使い方を致していましょう。

現状が変わらなくても。そんな事ない。と思っていても。心に、脳に、囁きましょう。

【私は運がいい。ついている。幸せだ】と。(心でそう思わなくてもですよ)

自身を肯定してゆく事が、何より、運気が上がる要素の一つでもあります。