PAGETOP

ご予約はこちらをクリック

   
環境と陽
2021年09月13日

いつも明るく笑顔の人。 いますよね。
そんな人をみると、【いいよね、いつも明るくて、悩みなんてないみたい】なんて思われることもあるのではないでしょうか。
だけど、悩みのない人なんて、いないのです。
人から羨まれる環境にいる人でも、悩みや苦しみはあるのです。
又、現状が辛く困難であっても、笑顔を心がけ、出来るだけ明るく 良き言葉を発している方もおられます。
明るさとは、環境で左右されるものではなく、その人の、環境に対する ものの捉え方、生き様によって、
表現されているものなのです。
辛い現状で、明るくなんてできるはずがない、笑顔なんて、無理と思われるでしょう。
確かにそのお気持ちも痛いほど解ります。

ですが、ですがです。

辛い時に、辛い表情やマイナスの言葉を発していくと状況の改善が遅れる事が多々あります。

桔龍は嫌というほど経験しています。

心は泣いていても、辛くても、笑顔で出来るだけ、プラスの言葉を発する事により、乗り越えてまいりました。

だからこそ、申し上げます。
心からの笑顔でなくて良いのです。心から明るくなくでもいいんです。
少しでも 心がける。出来るだけ、してゆきましょう。
それをしていくことにより、何かが変わってきます。
何かが? それは、ご自身の心模様、次に周囲の環境。次に……。 ですよ。