PAGETOP

   
2021年06月09日

昔、家を建てる時、必ずと言っていいほど、1本、大黒柱を入れておりました。

これは、建物自体の強度もさることながら、大黒柱は、家の守り神の依り代としたものです。

日本は、古来、自然崇拝の信仰であり、八百万の神様を信仰してきました。

木の柱への信仰でもあり、神木の近くに祠を作りました。これが神社の始まりでもあります。

神様を数える時にも、〇柱というように、柱を用います。

この柱。

信仰だけでなく、自身の心のど真ん中に、まっすぐな柱をイメージする事もよろしいのではと感じます。

そうすると、姿勢が良くなったり、歩く姿が美しくなったりもしてきますし、何より 猫背が少し改善されたりもします。

日々意識することは難しい事でしょうから、覚えておくことにより、ふと思った時、なさってみて下さい。

大地に足をつけて、背をまっすぐし、空を見上げてみる時間を作るだけでも、違ってまいります。