PAGETOP

   
許した気になりましょう
2021年05月03日

どうしても、許せない。

その感情が湧き出し、苦しい、悔しい、憎い……。

理性は、どこかへ姿を消し、悶々となってゆく。

そんな時に、許す事で楽になりますよ。 と言われても、許すどころか、許した方がいいんだという気持ちすら、湧いてきません。

それは当たり前の事、感情が許さないとリピートし続けているのですから。

ここでです。感情の渦の中にいては、自身の日常も乱れてゆきます。

心に余裕がないのですから、今までできていた事に失敗したり、肉体に影響を及ぼしたりしてきます。

そうなると、あの人のせいだとか、心は始まってしまいます。

その前に、その感情の渦の中、少しだけ 理性を呼んで下さい。

理性は呼ばれると、スルスルと戻ってきます。ちょっと戻ってきた理性で思考。

許した気になってみよう。許したふりしてみよう。

気になったつもり、許したふり です。

だから、心から許さなくていいんです。そう感情にいいましょう。

ふりよ ふり。と。その気よ と

不思議に、ちょっと心に余裕がでます。ふりですから、許せないという感情が上がってきたら、

許したよ(ふりだけど)とつぶやいてください。

それを何回かやっていくと、面倒になってゆき、面倒になったという事は、心が少し落ち着いたという事。

次に、別の事をしましょう。

そうすると、感情の渦の中にいた時には、見えなかったものが見えてきます。

そこまでいけば、許せない感情は、少しづつ薄れてゆくものです。