PAGETOP

   
肉体
2020年10月17日

日ごろ 大半の方々が忘れている事の一つに、【自身の肉体】。
オギャーとこの世に、生を受けた日から、ずっとずーーーーーと、動いてくれているのが、我 肉体。
本人がどういう状態にあっても、肉体は、淡々と動いてくれています。なんの文句も言わないで。
そして限界に近くなると、SOSを発します。
それが 肉体の不具合、病気です。
そんな時にならないと、人は肉体の健康の有難さに気づかない。
そして、具合がよくなれば、忘れてしまう。(全ての人がとはいいません。少なくても過去の桔龍はそうでした) 多かれ少なかれ、誰にでも思い当ることはあるのではないでしようか。
そろそろ、認めてあげてもよいのではないでしょうか。
あなたの体は、生まれてからずっと休むことなく、あなたの為に動いてくれているのです。
細胞だって一つ一つ生きています。てすから、認めて感謝をしてゆけば、イキイキしてゆくのです。
だから、1日の終わりにでも、体が今日1日 動いてくれた事にきづき、感謝してあげてください。
桔龍は、1日の終わりに、肉体に感謝し、【今日もちゃんと動いてくれてありがとね】と体をなでなでしながら感謝をします。
肉体はちゃんと、自分が発した言葉を認識します。
日々、動いてくれている肉体に、言葉をかけると、肉体は、【元気でいなきゃ】と認識してくれます。
えーー?と思われますか?
ならば、なさってみてください。但し、肉体に無茶を強いてはいけませんよ。