PAGETOP

   
問題が起きた時…
2019年06月27日

何か問題が起きた時、理不尽な事をされた時。
一番先に湧き上がってくるのは、怒りや辛い感情です。

これは瞬間的に上がってくる感情ですから、止めようがありませんし、止めてはいけません。

但し、その感情に飲みこまれたり、持続させる事は、しない方が賢明です。

腹を立てる事で、その問題は解決することは、ほとんどありませんし、事を重症化させる事にもなりかねません。

まずは、その感情を眺める事です。私は今、怒っている、怒るよね、たしかに。

ここです。ここで後は止めましょう。

ここから進むと、その感情が増幅してゆくからです。

そして、次は、呼吸を意識する。今 吸っている。吐いている。と。

呼吸は普段意識せず、しているものです。

だからこそ、感情が高ぶった時、ドキドキした時、
呼吸を意識することにより、怒りや哀しみの感情を和らげる効果があります。

大体5分位、意識してみましょう。

5分が長いと感じるのではあれば、1分でも2分でも良いのです。

只、只、呼吸を意識する。 たったこれだけの事で、感情はゆるやかになってゆきます。

なだらかになったら、次は、その問題の解決へ進んでゆけばよいのです。

解決の糸口が見つからないなら、少々 放置。(放置してよいかの判断はご自身で)

まずは、感情をゆるます事が大切なのです。決して飲み込まれないようにしましょう。