PAGETOP

   
人間は未熟な生き物
2019年04月29日

完璧に人に見えたしても、欠点がないように見えても、それは外側であり、

人は未熟な生き物です。だからこそ、転生を繰り返し、磨いてゆく。

完璧な人間などいないと、桔龍は思います。

だから、未熟であるから、その時 最善と思って行動したことが、他の方々に迷惑をかけたり、傷づけたりしてしまうものです。

産まれてから、誰にも迷惑をかけず、傷つけず、生きてゆく事など、出来ようはずがありません。

間違いをしないと、間違いと気づきません。

人に迷惑をかけてしまって、落ち込んだり、悔やんだりは誰でもある事です。

ですが、そこで自身を責めて、そこにいては、何もなく、自身が辛いだけ。自己嫌悪や罪悪感を持ち続ける行為は、あまり意味がないのです。

それよりも、悔やむ気持ちも十分わかりますが、そこにとどまらず、その相手に、その倍の投げかけを、思いやりを致しましょう。

未熟な自身の倍の投げかけ、それはお相手にも通じますし、何より自身の心が救われてゆきます。