PAGETOP

   
今日は節分、そして、明日は立春。
2019年02月03日

今日は、節分ですね。

ご家族で、豆まきをなさる方、一人でという方、又、豆まきしないわ。との方々もおられるかと。

節分、由来を少々 お伝えしますね。

節分はその文字の通り、季節を分けるという意味があります。

日本には、春夏秋冬と1年が4つの季節に分かれていますが、実は、それぞれの季節の始まりを節分といいます。

しかし、現在行われている節分の行事は、立春の前日である2月3日のみですよね。 こ

れは、昔は立春が1年の始まりとされていたことに由来します。

その1年の始まりを迎えるイベントとして、節分が行われていたというわけなのです。

新しい1年を迎える前に鬼を払い、福を呼び込むために、行われていたのが節分の由来というわけです。

鬼は外、福は内 と声を出して、豆をまく。 今日は、そんな声が、皆様方のお家で響くのではと。

桔龍も致します。 【鬼は内、福は皆様方へ】と。

鬼(様々な負的) 福(穏やかな良き事) と意識致しながら。 皆様方のお幸せを、たおやかな日常をお祈りしながら。 

本日も、お一人、お一人と向き合い、癒し、より良き先へとお導き致せますよう、お伝え致してまいります。