PAGETOP

   
自己否定
2019年10月09日

誰にでも欠点や劣っている箇所は存在します。
それを否定することは、簡単な事です。否定していれば、正したり、動くことはしないですむからです。
只、そこにいては、負のスパイラルの中。脱する事が困難になってゆきます。
但し、何もかも、肯定して、正そうとするのも、考えものです。
欠点や劣っている箇所が、場合によっては、活かされてくることも人生にはあるのです。
では、どうしてゆくか。
それは、自身の欠点も劣っている箇所も良き所も、認めてあげる事。そして、本当に正してゆかねばならない箇所を見極め、無理をせず、自分ペースで正してゆく。又 すぐ 正せるものではないことも、知っておく必要があります。自分時間で、少しづつ、やってゆく事。無理は禁物です。長続きしないですから。
何より先にすべきことは、自分を良く知る事。
目を背けたり、無視したり、否定しない事が、自身を癒してゆく事にもなり、正しやすくなっていきます。