PAGETOP

   
悪口ってね。
2019年06月12日


職場や友人関係 多々 ありますが、悪口 言いたくなる時って、どなたにもあると思います。
又、陰口を言われて、傷つくこともある事でしょう。

ここで、考えてください。
人の悪口って、その方、当人の前では、絶対と言っていいほど、言いませんよね。

上司だったり、多々要因はあるにせよ、その人の前で言えないから、陰で、愚痴のように、言い合う。
その空間には、負しかないのです。

言い合っているうちに、共感してしまったり、エスカレートしてしまったり、それが人と人の間に流れゆき、
うわさ話で、当人が言った事もないような事柄が流れてゆく事、社会には多々ある事。

挙句、当人が言ってもいない事で、責められる事さえ、起きてきます。

悪口・愚痴を言いたくなる感情は、仕方のない事でもありますが、基本、悪口は、その当人の前でいう事です。

それができないから、陰で言うんじゃない と思われますか?

確かにそうですが、それを続けていけば、自身の心は、一瞬 和らぎますが、負の波動が心を包んでしまうものです。
当人の前で言えないのであれば、言わない事です。

只、それでは、ストレスが溜まりますし、よろしくないものです。

だから、言いたい悪口があったら、書きましょう。
どんどん バンバン書きましょう。書き終わったら、それを燃やしましょう。負の感情は、燃やして 天へあげましょう。

それだけでも、心は少し和らぎます。

何より、言葉にしてしまえば、他へ、回り回って 自身に還ってきますから。

紙に書いて、燃やしても、まだ モヤモヤする場合は、 又 書きましょう。

繰り返してゆくと、その作業がばかばかしくなってきます。

そうするとね、心 結構 スッキリするものです。