PAGETOP

   
神様や精霊たちのお姿は……
2019年05月16日

神様方・精霊などの姿・形。描かれている御姿、ございますよね。

ですが、全ては球体なのです。光輝く球体。大きさは、様々ではあります。

白く輝く球体の自然神は、視る人の目(経験値・イメージ)などで姿。かたちとして変換されます。

私たちと、自身のイメージや思いで自然神をとらえています。

但し、ここからは自論ですが、龍神さんだけは、その姿 そのものと感じます。

なぜかと申しますと、桔龍は、多々の神様方や精霊たちを視ていますが、視え方がちょっと違うのです。

桔龍も桔龍のイメージで視ますから、たとえば 守護神 大山祇神様ですが、普段は、白髪のひげをはされた、小柄なお爺様に視えますが、時には若者に使い御姿にも視えます。

 視え方が、ぼやってしてるような、時により、違った視え方になりますが、龍神さんは、変わることなく、はっきり くっきり 御姿は変わりないのです。

多分ですが、龍神さんは、アピール好きなのではないかと思います。

ほとんどは白い球体 稀に金色に輝く神様もいらっしゃいます。

視えた時、神様のお名前をお聞き致しますが、お応え頂けません。

桔龍があれこれ お名前を言いますと、その神様のお名前にあたった時は、やわらかくうなづいてくださいます。

神様から、先に名乗られるという事は、まず ない事です。

自然神様は、知られている神様だけではありません。

自然の中、土地・家・風の中にも、おられます。

感じてください。心を目を澄まして、きっと、きっと、何かを感じて頂けます。