PAGETOP

   
人間関係 part 6 苦手な人、嫌いな人、相性が悪いと思う人。
2019年05月15日

苦手な人、嫌いな人、ソリが合わない人。生きていれば、必ずと言っていいほど、出くわします。

桔龍も過去にかなり経験してまいりました。

まず、嫌いな人、苦手な人、ソリが合わない人。その原因は多々でしょう。 

思考が合わない、自分の常識と違う、性格が悪い、理不尽な事をする、言う。etc…。

只、言える事は、全てとは言いませんが、軸が自分なのです。

明らかに常識を逸する事柄は別として、
相手の行動・言動を、自身の思考・常識・正義で判断している。それは間違いというものではありませんが、
得てして、自己防衛本能や利己的な感情に飲みこまれ、判断している場合もあります。

基本、相手を変えるという事は、困難であり、かなりの労力と時間を要します。

思い通りにならない。当たり前の事です。他人なのですから、自分の心さえ自分の思い通りには動かないもの、
他人なら、尚更です。 そこに支点をおきましょう。

自分の心が、相手を思い通りにしようとするほど、裏切られたとか不満で心はいっぱいになります。

悩むよりも、苦しむよりも、自分の心の思考を変えてゆく。

いい意味 諦める。 この人は、こういう人なんだね。と。

そうして自分の支点を変えてゆくと、結構 相手が変わってゆくのが見えてきます。

つまり、他人のあれこれに心を費やせず、静観してゆく事。 それが大切です。

だって、嫌いだわ。でも許せないわ。ですが?

それはそうでしょう。嫌い・苦手という感情をもっていてよいのです。だって嫌いなんだから、苦手なんだから。只、それを少しだけ、スライドさせて、上記の事柄をちょっとだけでも、なさってみてください。