PAGETOP

   
辛い現象が続く時は
2019年03月12日

心の勉強をしたり、学んでいき、ある程度までにくると、一般的に理不尽な出来事に出会います。

その出来事が理不尽な程、続くほど、人格が上がり始めた証明ともなりますが、 中々 それが受け入れられないのが、人の常です。

人格が上がり始めたのなら、いい事が起きてもいいのでは?と感じるのではないでしょうか。 確かに降りてきますが、その前に、試練というか、テスト的な現象が先におります。

そして、その状況に対して、何を思うか、何を感じるかが、次のステップにいくテスト。

それができると、初めて ご褒美が 降ってくるようにシステムになっているらしいです。

そんな時は、その状況に対して、人のせいにしたり、なんで、私が? など 不満などは言わず、 淡々と1つ1つ、片付けてゆく。

そうすると、同じような現状は、起こらなくなりますし、ご褒美もおりてくる。

損得勘定で考えても、そのほうが、お得です。

理屈では理解できてゆくのですが、実行となると、出来事に目が向いてしまい、できにくい事でもあります。

少しでも出来る範囲でなさってみてください。

大変という字は、大きく変わる。と書きます。

そう。大変な時は、自分が大きく変わる。成長する 絶好のチャンスなのです。 と、言っても 苦しいものは苦しいし、辛いものは辛い。大変なものは大変。 そう思ってもいいんです。 

苦しいと叫んでもいいんです。

只、肝心なことは、不満やなぜ 私だけとか、言わないでおくことです。心がそう叫んでも、言葉にしない事。

その思いは否定せず、寄り添い、解き放ちましょう。