PAGETOP

   
感謝されるとね…
2019年01月09日

暮らしている中で、私たちは、多くの人々と接してゆく。

只、視野を広げてみましょう。

その他にも、たくさんの鉱物(家電・家具・日用品)・動植物にも接しているのです。

接している人間に、感謝や笑顔を向けてゆくと、関係性がおだやかになり、円滑になってゆきます。

たとえば、職場などで、挨拶もしない、いつも眉間にしわをよせているような無口な方がおられたとして、その方に挨拶しても何もない。 嫌な気分になるのは仕方のない事です。

ですが、そのままにしておくと、イヤイヤオーラが出てしまい、関係性が改善しないままになります。

ですから、そんな方にも笑顔で挨拶を続けてゆく。相手がどうであれです。

時が過ぎてゆけば、その方も変わってゆくのです。(これは桔龍の経験談でもあります) 

人は笑顔や感謝をさけると、嬉しくなり、その波動がその方をより良く変えてゆくのです。

知恵・知性をもつ人間がそうなのですから、鉱物・動植物は、もっともっと謙虚に、私達人間の味方になってくれます。

特に、植物は、元々 人間が大好きで、いつもいつも癒しの波動を人間へ放っています。

そんな植物に、「きれいだね、いつもありがとうね」と声がけをすれば、植物は、もう嬉しくてうれしくて、 いっぱい 良き波動を私達に放ってくれます。

鉱物たちも同じです。

自分が使用している者たちへ、感謝の言葉をかけていると、頑張って 動いてくれます。

物に心はないよね。と思われるのではないかと。

でもね、不思議に、桔龍は、何かあるのではと感じます。

車。以前、私は乗るときにいつも声がけをしています。そして降りる時も、ありがとうと声がけします。

そのせいかどうか確信はありませんが、燃費も通常より良く、故障もありません。

お伝えした事に対して、そんなわけないと思われるのもおありでしょう。

でも、そうなんだ。面白そう、やってみよう。 と面白がりながら、なさってみるのも、宜しいのではないでしようか。