PAGETOP

   
生涯の中の割合は…
2019年01月06日

人生の中で、学びと成長・自分磨きがありますが、それだけでなく、自身に好ましい事も含まれており、喜び・苦しみが混在しています。そしてそのプログラムは決まっているもの。 

内容は人さまざまではありますが、大きく分けて、50%の温かく優しい言葉・現象と、50%の冷たく厳しい言葉・現象の割合でできています。

受ける評価が同じくらいに分かれるようになっているのだそうです。

但し、この割合は、人数・件数でなく、それ自体が偏っていたとしても、エネルギーの大きさ、強さを比べれば、 丁度 半々になります。

たとえば、社会において称賛されることがほとんどの人がいたとします。仕事も順調で経済的にも恵まれているとして、

そうなれば、表面的に、半々ではないと考えるのが主であるのですが、

そんな人は、必ずといっていいほど、 逃げれない所に、痛切に批判する人物がいるのです。妻とか夫とか。親とか。

それで、エネルギー的に、受ける割合が、50%対50%になるという、何とも言えないバランスになっている。

学ぶ事も成長するためにも、辛い事だけでは成しえないから、そこに喜びと称賛が用意されているわけです。

今 辛いなら、今 苦しいなら、もうすぐ あったかな言葉が現象が現れてくるのではと。