PAGETOP

   
心を縛る感情
2018年11月30日

yjimage2

誰にでも、心の中に、自分を縛る感情が存在します。

事柄は人それぞれではありますが。

たとえば、「もう、この年だから」「私なんか…」「ネガティブだし」「もう裏切られたくない」とか。

それは、生まれてからの経験やもって生まれた性格など、多々のネガティブな状況や経験からくるものでもあります。

それが、自身の可能性を蝕み、先にある光を見失わせてしまいます。

それらの縛りの感情を解き離す事ができてゆれば、心が軽くなり、可能性が広がり、今まで見えていなかった視界が広がってゆくのです。

簡単なことではないのではありますが、始めてみましょう。

最初に、心をおだやかにし、1つ1つ 自分を縛っている感情を眺めてみましょう。

そして、その感情が自分のどこからきているのか。理解する。次は、本当にそうなのか、自問自答してゆくのです。

たとえば、もう年だから。と行動するのを躊躇していたとします。

確かに、年齢を重ねてゆけば、体力的に難しい事も多々あります。ですが、年を重ねてゆくということは、肉体的には衰えてはきますが、それ以上に知恵が増えてゆきます。その知恵を使ってこなしてゆけばよいのです。

どうせ私なんか。 だって、 でも、 は どこかへおいてゆきましょう。

行動してできなかったとしても、やろうとしたプロセスは心に存在し、縛りは解き放たれてゆきます。

やってやれない事も実際 あります。 それは表面的に事です。

やった事、行動した心の動き それが 自分にとっては、とても重要な事なのです。

そうかなーー?と思うこともおありでしょうが。

トライしてみてくださいませ。少しの勇気と思い切りは、必要です。

やってみたいけど、自分だけでは中々と思われる方は、桔龍にご相談くださいね。