yjimageWHKX5W0F

この世に生を受けた瞬間から、人は死へ向かって進んでゆきます。

誰にでも、生きている限り、死は訪れます。限りあるのです、命は。

若い年頃は、誰しも、そんな事 何も思わず、死など 頭のどこにもなく、生きているのではないでしようか。

桔龍は、そうでした。

人の生き方は、様々。只、流れ(運命・宿命)があって、その流れの中で、進んでゆきます。

その流れには、幅があって、その幅の中は自由です。まっすぐ行くも良し、くねくね曲がってもよし、戻ってもよし。だけど、進む速度や流れは決まっています。

だからね、未来を心配したり、不安がったり、過去にくよくよしたり、後悔したり、することはないのです。

過去は変えれません。ああすればよかったと悔いても、戻ってやり直しはできないのです。

又、未来に不安をもったり、良くないことが起こるのではと、意味のない恐れをもっても、何も良い事はないのです。今 楽しいはずなのに、そんな事を思っていたら、楽しい今が台無しです。

未来に良くないことも起こるでしょう。ですが、今 起こってもいない事。起こった時に対処すればよいのです。

今、すべきことは。

今を感じる。 今 目の前にいる人を大切に。目の前にある事柄を丁寧に大事にする。それだけです。

今日寝て、起きたら。明日   確かに今はそうです。

ですが、今日寝て、明日起きた時は今日 なのです。 永遠に自分には明日はありません。

常に、【今日】 【今、ここ】。

今、この瞬間。 今日 今、目の前に存在する人を大切に。今、あることを大切に。

やるべきことを、精いっぱい 心を込めて やっていく。

そんな事を続けてゆくと、なぜか、人生がゆるやかになり、心も ゆったり たおやかになってゆくものです。

無理だわ。そんなこと。 と感じられる方もおられると存じますが、ちょっとだけ ちょっとだけでも良いので、

そんな日を過ごしてみてくださいませ。