1

感情の中で 怒り。中々手強い感情の一つです。

感情というものは、本人の意識を飛び越えて湧き出してきます。理性で止めようとしても、中々 いう事を聞いてくれないのが 感情 というもの。

湧き出した感情を無理に押し殺してしまうと、心の奥底にどんどん溜まってゆき、それがストレスとなり精神的・肉体的疾患を発生してしまう事もあるのです。

感情の中で、怒りは爆発的なエネルギーを要していまし、多大なエネルギーを自身から奪ってゆきます。    又、止めるのは容易に出来る事ではありません。                              負のエネルギーを放ち、自身のエネルギーを奪ってしまうのが、怒りです。

まず、怒りの感情が湧き出してきたら、止めない事。                            次に、その感情を3秒、静観する。                                    次に3秒、寄り添う。                                          次に、3秒 静止する。 合計 9秒です。                                それだけで、怒りは、居場所をなくし 解き放たれてゆきます。                       9秒間です。 その数秒なら、出来る事ではないでしょうか。

それだけで 怒りは静まるかと仰いますか?

静めるのではなく、解き放つのです。言葉のあやではありません。

どう 扱うかなのです。怒りが湧き出してきたら、是非 試してくださいませ。

お心が、少しは たおやかになられるはずです。