yjimage66

自分の思いは自分の思い。当たり前だよね と思われた方。

ん? なんか意味ある? と思われた方。 様々かと。

自分の思いは、自分の経験・感情・状況・外からの出来事・影響によって、出来ています。

だから、自分だけの思いという事です。

それを他の人に伝えようとする時、伝わらない事、多々あります。

たとえば、理不尽なことが起きた時。辛い出来事ばかり続いた時。

どうしょうもなく悔しくて、それを相手に訴える。けれど、相手は全然 取り合わない。

どうしてわからないの? 自分のしていること 解らないの?

心は張り裂けそうになり、乱れてゆきます。

そんな経験、生きていれば1つや2つ あることでしょう。

でもね、解らない人は、解らないのです。

どんな言葉を何千と並べようと、相手は今、理解する時にないから。理解しようとしないから。

そしてもう一つの理由は、伝えようとしていることが、自分だけの立場と思いになっているから。

だけど、伝えようとして、相手に放った言葉は、相手の心のどころに残り、何年後かに、心の中から沁み上がってゆき、理解できてゆくのです。                                        その時の後悔や辛さは、多分 今 あなたが感じている辛さと同等。いいえ、それ以上の辛さと思います。     なぜ? それは、時が過ぎているからです。    時が過ぎれば、とりかえしはできないから。

そして、人は学んでゆくのです。

伝わらない口惜しさ・辛さを味わったあなたも、経験の中で学び 成長し、何年か先に、喜びや感謝の念が宿ってくるのです。

これは、精神論で申し上げているわけではありません。

桔龍自身の、又 鑑定をさせて頂いて方々の数年を視させて頂いた事から、申し上げています。

今、伝わらないと悔しいと辛い渦中にいらっしゃるのであれば、一度 立ち止まって、思いめぐらしてください。

今は辛くても、永遠には続きません。そして 光の先は、ちゃんとあります。