PAGETOP

   
  • 2018年12月03日
    この世に生を受けた瞬間から、人は死へ向かって進んでゆきます。誰にでも、生きている限り、死は訪れます。限りあるのです、命は。若い年頃は、誰しも、そんな事 何も思わず、死など 頭のどこにもなく、生きているのではないでしようか。桔龍は、そうでした…