PAGETOP

   
  • 2017年09月30日
    花にしても、動物にしても、自分以外にはなれないのです。 たんぽぽがどう努力しても、桜にはなれません。 鹿が虎になりたいと何万回祈って なれません。 自分にないものを嘆き、あの人のようになりたい。羨ましい。憎らしい なんて 感情になったり。 …
  • 2017年09月29日
    誰でも嫌悪感を一度や二度はもったことがあると思います。 やりきれない思いですよね。そして自己嫌悪に走り、自分を責め、挙句 自分を嫌いになってしまう。 それ、何も解決しないだけでなく、自分を痛めてしまいます。心も肉体も。 嫌悪感をチャンスと表…
  • 2017年09月28日
    自分の思考、ものの見方や感じ方は、育ってきた環境・常識あるいは、学説などに、いつの間にか深く はまり込み、心に浸食してきています。 もし、あなたが「私、とらわれてるなぁ」と感じるならば、それは、かなり浸食されているのです。 ほとんどは、その…
  • 2017年09月27日
    人を信じる。ということは、難しい場合も多々あります。 どうしても、人を信じることができない。 猜疑心がとれない。 とのご相談もございます。 人を信じる。信用する。とすれば、 信じるには理由がありますね。意図がありますね。信じる要因があります…
  • 2017年09月26日
    一番 小さな そして 初歩的な社会は、【家庭】です。 子は、生まれ、その家庭で暮らし、いろいろなことを学びます。 ですから、親の言動・行動を、見て 物事を判断したり、真似て 行動します。 【学ぶ】の言葉の語源は、【まねる】からきています。 …
  • 2017年09月25日
    【客観的に見る】と言いますが、さて、それはどういうことなのかと尋ねられたら、 どう 答えますか? なんとなく 解っていても、説明するとなると、中々難しいことではないかと思います。 又、客観的に という意図をよく考えてなかったりもあるのではと…
  • 2017年09月24日
    人生には、多々の別れ、多々の出会い があります。 そんな中で、大切であるのは、よりよい次のステップを迎えるために、 【別れ】の時の、自身の心の置き所。別れ方。そして そして別れる相手への自身の思い。 別れには、致し方ない事柄。理不尽なこと。…
  • 2017年09月23日
    20日のブログの続きです。 自分の情報・思考をレベルわけできてきたら、今度は、それをまとめてゆきます。 この二つの違いは、たとえば、 目の前に、ガラスの皿とグラスがあるとします。 これを見て、皿とグラスだわ。と考えるのは、分類思考。 どちら…
  • 2017年09月22日
      パワースポット、有名な場所多々ありますが、行けば効果あるというわけではないのです。 感じる事が大切です[六感で]。 桔龍が、感じるパワースポット。多々あります。 まずは、近くの公園。 そこにいらっしゃる木々。 そばにいくと、本…
  • 2017年09月21日
    「神様っているのですか?」 たまーーーに聞かれます。 桔龍、【いらっしゃいますよ。ここにもほら…。】と。 神様の存在を信じる、信じない。それは個人の自由であり、桔龍は強くは申し上げません。 只、実際おられますし、 桔龍は、勿論、信じておりま…